採用面接における質問は、あなたを映す鏡

質問

短大の時の就活以来、初めての転職活動を始めようとしています。
履歴書や必要書類の準備は、概ね整ってきたところで、今は面接対策を行っているところです。そこで1つ質問ですが、保育園の採用担当者から「何か質問はありますか?」と聞かれた場合、どのような質問をすれば効果的でしょうか?

回答

流石に質問が「ボーナスは何か月分?昇給の前年度実績は?」など給与関連ばかりであると、困りものではありますが、基本的には、働く上で、あなたが組織に所属する上で、気になるところを中心に聞いていけばいいと思います。

 

子どもがいて、給与が20万円以上あればどこで働いても大丈夫という方は、ほとんどおられないと思います。

 

どのような方針で保育が行われているのか?

どんな同僚と一緒に働くことになるのか?

自分が強みとしているものが、生かされる環境にあるのか?

 

このように、本当に気になるところを、質問すればいいと思います。

 

しかし、ここで注意してほしいことは、質問は自分の内面や器量をさらけ出すということです。

 

採用担当者全てがそうであるとは限りませんが、このような質問をする方のレベルは、どのあたりかを常に考えながら、質問を受け付けている担当者もいます。

 

それでは、どのようにすればいいのでしょうか?

 

少し冷たいような対応かもしれませんが、今の自分の素を出すしかないと思っています。

 

質問の内容から求職者のレベルを判断するような採用担当者に、付け焼刃は通用しません。

ですので、本当に気になることを、たずねればいいのです。

ただし、予めホームページを閲覧すれば分ることや求人票をしっかり読み込めば自明のことをたずねるのは、絶対にやめておきましょう。

 

事前準備の不足が、あなたの志望度に疑いを持たせてしまいます。