保育士が面接で一番がんばらないといけないポイント

質問

最近、何社かの転職エージェントの面接対策を受講してきました。どのエージェントも、いちように「自己ピーアールが・・・」「志望動機が・・・」とおっしゃるのですが、一番大切にすべきところは、本当にそこ?と思えてなりません。
保育士が転職面接で一番大事にしないといけない所は、実際のところどこなのでしょうか?

回答

転職面接において、確かに自己ピーアールも大事だし、志望動機も大事です。しかし、今の一般的な保育園が保育士に求めているものは、「人柄」ではないでしょうか?

 

いくら実践を積んできても、知識を詰め込んできても、子どもから好かれ、信頼される保育士でないと、保育園としては困るのです。また保護者としても、同じような考えではないでしょうか。

自分の子どもたちが、早く保育士と会いたがっている。保育士と一緒に過ごした時のできごとを楽しそうに話す様子を見るだけで、大切な子どもを預けても安心していられるのではないでしょうか。

 

ですので、保育士の転職面接の際には、面接対策も重要ですが、笑顔と話し方に最大限の努力が必要となります。