大阪~関西圏で保育の転職サポートを受けるなら e保育士求人が最適なワケ

転職エージェントであれば、どこでも同じパフォーマンスができるのか?という疑問が湧いてきます。答えは、「No」です。

最適な転職エージェントを選ぶことが、貴方の人生にとってとても大切な転職を実り多いものにしてくれるのです。

では、どのようにして転職エージェントを選べば、保育士として最高の転職に近づけるのでしょうか?

それは次の3つの理由を押さえることから始まります。

e保育士求人.comが、保育士転職に最適な 「3つの理由」

1人で行う転職は、その後の満足度が低い?

以下は「enミドルの転職」調べ「転職において期待すること」と 「転職後期待していたことは満たされましたか?」項目ヘのアンケート結果になります。 どの世代においても転職に期待することは、給与の向上が一番の関心事となっています。

保育士が転職時に期待すること 保育士の転職後の満足度

なんと!過半数をこえる 57% の人たちが「満足できなかった」と回答

保育業界を知らないエージェントだと、自分の希望も通らず勝手に話を勧められることも、、、。 後々の不安につながらないためにも保育業界を理解しているエージェントを利用しましょう!

保育士の年収UPには交渉力に優れた転職エージェントの活用が最適

では保育士の転職フェーズにおいて、このような期待と現実のギャップが何故発生するかというと、そもそも日本の採用システムに、求職者個人の期待調整メカニズムが具わっていないことに起因すると言えます。

売り手市場と言われていますが、採用時の待遇決定の決定権は、あくまで採用側が独占的に保持しており、求職者は、その他の条件を勘案して、その待遇を受け入れるのかどうかの判断をするだけで、完全に受け身となっています。

新卒時の就活でも転職活動でも面接の場を思い出して頂ければ自明だと思いますが、面接の時に「給料は?昇給は?ボーナスは?」を面接担当でもある園長先生に連発できますか?また「年収にすると300万円ですか。私、幼稚園教諭の資格も持っていますので、貴園がこども園に移行した際には即戦力になることは間違いないです。ですので350万円スタートではどうでしょうか?」と交渉できるような雰囲気が採用までの各シーンにありましたか?

このように日本の採用システムや慣例、日本人のメンタリティからすると、求職者個人と求人企業が相互に期待調整を対等にはかって行くということには、限界があります。

それでは、転職の時に一番叶えたい給与Upはどうすればいいのでしょうか。それは、信頼できる良きパートナーと転職活動を並走して行っていくことだと言えます。そのパートナーが転職エージェントとなります。

  • 面接に行くまでの交渉事例

    求職者による交渉:

    「私、短大を卒業してから保育士としての経験を5年積んでまいりました。希望年収は350万円以上なのですが、それが可能であれば面接に行きたいのですが、大丈夫ですか?」

    エージェントによる交渉:

    「大阪市内エリアで保育園での正社員を希望されている保育士さんが転職活動中なのですが、 年収350万円以上を希望されている方でして、能力・経験・人柄により可能であれば、 貴園の求人をご案内しようと思いますが、ご案内して差し支えなかったでしょうか?」

    上の交渉を読んで、求人企業の担当者にとって、どちらが受入れ易いと思われますか?

  • 面接時・面接後の交渉事例

    求職者による交渉:

    「保育方針も勤務条件も私にピッタリなので、是非働きたいです。 ですが、いくつか面接に行っている保育園から既に条件提示を頂いていて、 貴園のそれと比較検討したいのですが、貴園からの条件はいつごろ提示頂けますか?」

    エージェントによる交渉:

    「Aさんを面接頂きありがとうございます。Aさんも保育方針にも共感しており、 条件等もピッタリなので、より一層貴園で働くイメージが湧いてきたようです。 ただ、先行して面接を受けられている複数の園から既に条件提示されているようで、 早めに返事しないといけないことを気にされておられましたが、貴園からの条件提示はいつ頃になりますか?」

    面接後の交渉でも相手の印象を考えると、誰が交渉した方が良いのか歴然ですよね。 給与や待遇などの条件交渉は転職エージェントを利用することがポイントです。

保育士の転職 地域性が意外と大事って話

今も少数ですが、転職活動にハローワークを利用されている方がおられます。公的な機関が提供する求人情報ということで安心につながるという理由が利用を決める最大の要因でしょう。 でもハローワークは、明らかにブラック企業が申し込んだ求人であっても拒むことができないって知っていましたか?ハローワークで扱っている求人は、安心だというのは、 大きなまやかしです。安心できる求人かどうかを見極めるのは、最後はあなたの判断とあなたが信頼できる人からの情報提供だけなのです。しっかり目を見開いて選ばないといけませんね。

本題に戻ると地域性が意外に大事なのは、1つの転職エージェントが、全国の保育園に対して、求職者の代わりとなって情報収集をすることは不可能なのです。 やはり実際に行って、見て、園長先生と話をして、保育の様子を肌で感じてくるには、自ずと取扱いできる範囲が決まってくるのですね。

保育園から提供された求人データだけで転職支援をしているエージェントもございますが、 それは突き詰めればハローワークと一般だということです。ハローワークに行けば全国の保育園の求人がみられますが、 担当者にこの園ってどんな雰囲気の園ですか、と尋ねてみて下さい。必ず求人票に記載されたことしか答えてくれないと思います。 だって彼・彼女らは、実際保育園に行ったわけでもなく、話を聞いたわけでもなく、園の担当者が持ってきた求人票を 全国のハローワークが共有しているだけですものね。地域性のない転職エージェントも担当者からデータを貰って写真を加工して、 さあどうぞって、ほらハローワークと変わらないでしょう。どっちがお好みですか?

業界に精通した転職エージェントを活用すべきです

転職エージェントは大きく分類すると2種類に分かれます、総合人材サービスと特化型の人材サービスです。

総合人材サービスエージェントは、全業種の採用情報を広く浅く包括的に取り扱っていますので、 転職する業界について悩んでいる求職者や、一から自分の適職適正を見直してみたいという求職者の1次対応には 打ってつけのエージェントであると言えるでしょう。

対して、特化型の人材サービスエージェントは、目指すべき業界が定まった求職者が、その業界のより専門的な知識を得たり、 個別の求人について掘り下げた情報を取得したり、その業界への転職について示唆的なアドバイスを得るには、最適なエージェントと言えるでしょう。

もし貴方が既に保育園での転職を決定されているのであれば、どちらを選ぶべきかはお分かりですよね。

給与は?勤務時間は?職員数は?エージェントでなくとも提供できる情報に価値はありません。その裏側に仄見える真の情報を得ることが、貴方の転職を輝かせます。

e保育士求人.comの転職サポートには転職に関して最高の結果をつかみ取る環境

  • 保育士に特化した転職エージェントの活用
  • 転職を希望する地域に根差した転職エージェントの活用
  • 交渉力に秀でた転職エージェントの活用

以上が揃っています!1人で転職活動をされている方は今すぐ転職サポートにお申込み下さい!