池田市の保育支援サービス

ほかの自治体の取り組みをみる
その他の自治体リンクはこちらから
自治体リンク

池田市の情報

池田市は大阪府の北部である、豊能地域に位置する市です。市の中央には五月山という大きな山があり、四季折々で桜や、紅葉などがみられ、地域の憩いの場所となっています。ダイハツの本社工場があり、なんと子育て支援策として「4人目の子供が生まれた時ダイハツ本社から3年間車が無償貸与され、その後は安く譲り受ける事ができる」という驚きのサービスがあるそうです!

また教育の街としても有名で、文部科学省指定の「教育課程特例校」の取り組みを行なっています。小中学校での一貫教育、教育コミュニティづくりなど、教育支援について市全体で精力的な取り組みをされています。

池田市の保育園数は平成29年2月現在で

  • 幼稚園:10園
  • 公立保育所:4園
  • 私立保育所:3園
  • 認定こども園:2園

となっています。

池田市の子育て支援・保育

それではそんな池田市の子育て支援・保育支援を見ていきましょう。教育に力を入れている池田市と言う事だけあって、独自の子育て・保育支援を設けているようですよ。

≪主な取り組み≫
  • 児童手当
  • 児童医療費助成制度
  • 子ども医療費の助成
  • 子育て短期支援事業
  • 子育てサロン事業
  • 子どもの為の遊び場
    (「わたぼうし」/「ホップくん」/「もりもりKIDS」/「ポンポコクラブ」/「五月山児童文化センター」/水月児童文化センター」)
  • 赤ちゃんステーションの設置
  • エンゼル祝品支給制度 (1万円の積立式定期預金通帳)
  • 関西子育て応援事業 まいど子でもカード
  • 携帯向け子育て情報サイト 「す・KIDSいけだ」/子育て応援ブック「す・kids いけだ」
  • こども食堂

児童手当や医療費制度の他に、池田市では子育て支援施設が充実しているようですね!親子で遊びに行ける施設や、子育てサークルなど困った時に気軽に参加できる子育て支援策が整っています。その他にもエンゼル祝品支給制度等をはじめとする独自の助成制度があり、子育て世帯には嬉しい政策のある街となっています。

保育環境への取り組み

保育所待機児童問題緊急対応宣言

長らく待機児童0を誇り、27年度まで継続していた池田市。しかし28年度の待機児童が発表時点で71名、待機率4.5%という府内でもワーストクラスの待機率となってしまいました。その現状に対して危惧した池田市は、保育所待機児童問題緊急対応宣言を行ない、早急に対策を進めるそうです。

具体的にはまず、小規模な保育ルームを開設し、特に1歳・2歳の児童の保育定員を拡大すること。潜在保育士の確保、保育士の勤務負担軽減策並びに待遇改善策を勧めるよう動いているそうです。なお昨年は財源には、新年度実施される特別職の報酬や職員の給与削減分約1億円を充てたり、保育士給与を5%上乗せするなど対策は取られていたようです。少しでも待機児童が少なくなるよう真摯に向き合っている池田市。これからのさらなる対応が期待されます。

保育士支援に一億円、保育士給与を5%上乗せなど、保育士確保に対して具体的な資金支援を実現されている池田市。保育士が必要とされる需要が高い地域だけに、制度とやりがい共に充実した中で働けるチャンスです!≫池田市の保育士求人はコチラ

送迎保育ステーション 池田駅にある「池田駅前保育ステーションカルガモ」では通常一時預かり事業・休日保育事業をおこなっており、駅前というその利便性から、保護者の病気時、冠婚葬祭時、育児のリフレッシュなど、幅広い用途で使用されています。 そんな「池田駅前保育ステーションカルガモ」では新しい取り組みが始まりました。細河保育園、ふしお台保育所、古江保育所の入所児童について、事情により保育園への送迎が難しく、かつ保育ステーションを起点とする送迎の方が便利な方に限り送迎保育を行なっています。これは3園に通う子ども達を保育ステーションに集め、バスでそれぞれの園に送迎する有料サービスとなっています。また池田駅前保育ステーションカルガモ以外にも「保育ステーションもりもりKIDS」でも送迎サービスを行なっているようです!保育園の遠方に住んでおり、自己通園が難しい家庭には嬉しいサービスですね!

発達障がい児者総合支援事業 池田市では障がい児支援にも力を入れています。障がい児も健常児もみんな池田市の大切な子ども達、共に育ちあえるよう、適切な保育・教育を行って行きたいと考えられているそうです。保健師への研修、発達障害専門の医師養成事業、障がい児通所支援事業者育成事業、ペアレント・トレーニングインストラクターの養成などが行われています。保育士においては「気づき支援人材育成事業」が関わりの深い支援事業となります。幼稚園教諭、保育士等を対象として発達障がいの理解や早期気づきの意義等に関する研修を行い、専門支援機関や就学後へのつなぎを強化すつための育成事業となっています。保育士として、さらに仕事への理解と専門性を高められる研修の場所となっています。

池田市の保育施設

池田市の保育施設その①
池田市にある保育園です。元気で何事にも興味を持ち、意欲的に遊び、友達を認め合う思いやりのある子どもに育ってほしいと保育をされています。スイミングや体育遊び、クッキングやバイキングなどの食育、地域のおじいちゃんおばあちゃんとの世代間での交流や、兄弟のような思いやりを育む異年齢保育など幅広い経験ができるよう温かい保育をおこなわれているそうです。子ども達の成長を促す、積み木やブロック、ヒモ通しなどのおもちゃで子ども達の発達と興味や意欲を育みます♪
池田市の保育施設その②
子育てではなく、子育ち!を大切にする保育園です。保護者も保育者も子ども達も、みんな同じ土俵の上で認め合い支え合い育っていきたいと願っているそうです。保育では絵本の読み聞かせやわらべ歌、手遊びなどを取り入れ、コミュニケーションを大切にされているそうです!食育にも力を入れており、エプロンシアターで食べることの大切さを教えたり、田植えや野菜の栽培、収穫した野菜などを給食に使用したり、食べることの大切さを教えているそうです。毎日の手作りおやつも大好評だそうですよ
まとめ

池田市はどちらかというと小学生以降からの教育支援に力を入れている印象です。しかしながらその教育支援の前段階の世代となる、乳幼児にも将来の事を見据えたしっかりとした子育て・保育支援を取り入れていると思いました。他の市とは違った教育的観点からの独自視点での取り組みも多く、発達障害などの支援にも専門的に取り組んでいる姿勢が印象的でした。